シンプル 衣食住&美

掃除も片づけも時間の無駄と考え、物を減らせば掃除も片付けも楽になる。 住み心地良いシンプルライフを目指すブログ。実はめんどくさがりなだけかも・・・?

自然環境の変化は悪いことなのか? シンプルライフが地球を救う!?

たまたま見た、NHKの番組。

www6.nhk.or.jp

 

全部見れなかったくせして、今から生意気なことを書こうと思う。

 

自然環境の変化は悪いことなのか?

私の出した答えは、「悪くない」だった。

テレビの中で気になった文言、「異変」、「1000年に1度の津波によって」、「海底の環境が破壊された」など、なんとなく気に障る。

 

研究者が研究するのは、別に悪くない。

ただ、管理しようとか、元の状態の戻そうとか考えるのはどうかと思う。

 

環境変化の原因は2つ

まず始めに、環境変化の原因は2つあると考えている。

1.人為的環境破壊

2.天候や自然現象による環境破壊

 

人は環境を破壊していいのか?

かつて日本には二ホンオオカミがいた。二ホンオオカミは、そこにいるすべての羊を食べようとはしない。すべて食べてしまえは、その後自分たちがいきるために必要なエサがなくなってしまうことを本能的に分かっているからだ。

 

そんなことも知らない日本人は、二ホンオオカミは危険な生き物として絶滅させてしまった。

 

アフリカゾウの牙(象牙)は、非常に高価で高級品として出回っている。そのため、密猟が絶えなくなった。密猟により、小さな象までも犠牲になっている。多くの象が殺され、牙を盗られ、数が激減している。

 

人は私利私欲のために、お金のために、平気で動物を殺す。

 

象だけではない、動物の毛皮だってそう。

 

この前は、中国でセミの幼虫が珍味とされ、大量に捕獲されているニュース(あくまでグルメ的ニュース)が報道されていた。

 

きっと、この地域では、セミの数が激減してしまうことだろう。

 

自然は、自らをも壊す

かつて、恐竜は何らかの原因で絶滅した。

いままで、生き物は絶滅と新しい種の誕生を繰り返している。

それは、環境の変化に適応できなかった種が絶え、適応できたものが生き残り、更に進化を遂げるサイクル。

 

古代から生きている最も強い種はゴキブリか?

 

地球の地形はかつては、今のような地形ではなかった。日本は日本としての形を成していたわけではない。

つまり、これからも地形は変化し続けるのだ。

 

津波による異変とは何か?

関東大震災とその影響による津波は、多くの人々の命を奪い、原子力発電のデメリットを浮き彫りにした。

 

ただし、ここではそのことについては触れない。触れてもどうにもならないから…

 

津波によって、海底が変化した。それにより、生物の生息環境が奪われ、元々生息していた種類に対して圧倒的に種類が減ってしまった。

これは、事実だが、悪いことではない。

 

上記でも書いたが、恐竜だって滅んだんだ。大昔に恐竜が滅んだのに、現代では何があろうと種が滅んではいけない。というのは、人の勝手な傲慢だ。

 

だって、人は多くの種を滅ぼしているから。

津波により、いきれなくなった動物は環境に適応できなくなった種となる。

 

志々雄真実(ししおまこと)が言ったでしょ?「所詮この世は弱肉強食。強ければ生き、弱ければ死ぬ。」

環境は、志々雄の言葉そのものだ。

 

一番の問題なのは

人間にとって都合が悪いんだ。

今まで漁をしていた領域で、魚が捕獲できなくなってしまった。捕獲できる魚の種類が変わってしまった。

今までと変わってしまうのは、人にとっては都合が悪い。

 

お金が稼げなくなる。

そんなとこだ。

 

自然環境は、ゆっくりだ。人の一生なんて短いもんだ。

1000年に1度の津波なら、自然環境は1000年ペースで変化をしていくと考えた方がいいんじゃないか。

 

シンプルライフが地球を救う!?

つらつらと思うままに書かせてもらった。ありがとう。

中学の時から大学まで環境問題について興味があり勉強していた。そんな縁から、書いてみたわけだ。

さて、ここからシンプルライフにどうつなげていこうか?

 

シンプルライフは、大量生産大量消費を基本にしていない。

必要なものを見極めて、必要なものだけで暮らす。

どうでもいいものは買わない。

つまり、ゴミも少なく環境にとってはエコと言える。

 

生き物を殺すのも必要最低限であってほしい。必要な量を必要な人に。

 

 

自然環境は変化する。それは悪いことではない。自然なことだ。

一方で、人は自然環境を変化させる力を持っている。それも悪いことではない。ただし、その力を悪用する人がいる、お金儲けしようとする人がいる、私利私欲のために自然環境を変えるのは到底許されるべきではない。

 

本当に管理すべきは、人間の行動なんだ。