シンプル 衣食住&美

掃除も片づけも時間の無駄と考え、物を減らせば掃除も片付けも楽になる。 住み心地良いシンプルライフを目指すブログ。実はめんどくさがりなだけかも・・・?

2016年のテーマは決めた?ぷーのテーマは「コンパクト」!!

こんにちは、シンプルライフハンドメーダーのぷーです。

 

棚卸終わり、確定申告の準備も大方完了。あとは、申告会場で教えてもらおうかな。

と思っています。

確定申告自体は、医療費控除や住宅控除などをしたことがあり免疫があるのですが、自営扱いとなるとまた違う意味での大変さを味わいました。

どこまで書いたらいいんだろう?とか、どこに計上したらいいんだろう?とか。

あと、私の場合は、複数の会社からちょぼちょぼと収入をいただいていまして、「これって、「収入だよな?」とかいちいち立ち止まるんです。

どうにか終えるといいな。

でもって、棚卸多すぎ(/ω\)

 

 

 スポンサードリンク

 

2016年のテーマ「コンパクト」に決めた!!

そうです。棚卸がこんなにも大変とは知りませんでした。そもそも棚卸をすることも知りませんでした。

簿記、勉強しては挫折…を数回。資格は取りませんでした。

 

さて、コンパクトとは何でしょうか?

例えば、「コンパクトカー」。

私は、ホンダのフィットに一時期乗っていたことがあります。車体は小さいながらも車内空間はゆったりとして居心地がいい。

 

コトバンクによると「コンパクト」とは

小形で中身が充実していること。

とありました。

 

小さくても中身は充実!!これはいい(*´ω`*)

 

というわけで、ぷーなりのコンパクトをまとめてみた。

コンパクトの考え方「ローカルエリアコミュニケーション」

去年から考え始めていることに、「ローカルエリアコミュニケーション(略してLECとしよう)」があります。あ、これは私の造語です。

 

つまり、ネットワークはグローバル化する一方で、実際に会ってコミュニケーションを出来るのは、そんなに広くはありません。

ましてや、私のような車も持たない主婦。

 

だからこそ、地元ネットワークを利用したビジネスで身近な人をハッピーにしてみてはどうだろうか?と考えた。

 

ローカルエリアということは、行動範囲が狭くて車も必要なく、とてもコンパクト。←ここ重要ね。

  

ローカルエリアコミュニケーション その1 「パート先を近くにする」

既にパート勤めしているママ友に聞くと、「近くで働くと、辞めた時に何かとね…」という意見があった。確かに、辞めてからスーパーでばったりとかはやめ方によっては気まずい。

が、見つけてしまった。

勤務時間・勤務日数・仕事内容など、自分の条件に合うお店が求人の募集をしていたのだ。

「これは…聞いてみるしかない!!」

子供の学校とかよりも近い。なんて、コンパクトなんだ!

雇ってください。お願いします。

 

ローカルエリアコミュニケーション その2 ハンドメイドを委託販売へ

私のハンドメイド商品は、写真よりも実際に見た方が断然きれいさが伝わる。

画像ではよっぽどでないと輝きが伝わらない。←写真の撮り方のせいもある。

 

というわけで、委託できるところがないかと半分あきらめながらも探していたら見つけることができた。

徒歩数分のところにその店舗はあった。

 

納品するのも、連絡のやり取りも徒歩数分、とてもコンパクト。

 

まとめ

行動範囲は狭いけど、中身を充実させよう。

というわけで、今年はとてもコンパクトに何事もおさめようかと思います。

 

 

棚卸の数が半端でなかったことも考えると、上記の2つ以外に、在庫数をコンパクトにする。というのも挙げられます。むしろこれが一番重要?

計画的に、といいつつも予想に反して売れない現実。

ここを一番にクリアしたい。(笑)