シンプル 衣食住&美

掃除も片づけも時間の無駄と考え、物を減らせば掃除も片付けも楽になる。 住み心地良いシンプルライフを目指すブログ。実はめんどくさがりなだけかも・・・?

黒豆の煮物ってこんなに簡単だったんだ!! 炊飯器VS活力鍋

こんにちは、シンプルライフハンドメーダーのぷーです。

 

お腹が空きました。誰か美味しいご飯を作っておくれ。

お正月が過ぎました。我が家では、おせちは義実家で食べることが多いので作りません。

唯一、黒豆の煮物だけは私と子供たちが好きなので作っています。別に難しくはないんです。

むしろ、こんなに簡単だったんだ!!と驚いたのでご紹介♪

 

 

 スポンサードリンク

 黒豆の煮物ってこんなに簡単だったんだ!! 炊飯器VS活力鍋

 

さてさて、ぷーは「活力鍋(かつりょくなべ)」というものを持っています。

f:id:pupupulife:20160115090509j:plain

 

活力鍋は、アサヒ軽金属工業という会社から販売されています。

www.asahikei.co.jp

 

私の使っているものは、かれこれ14年くらい前のものなので1分活力タイプです。

今は、ゼロ活力鍋へと進化しているようです。

 

何をもって1分だとしているのか

鍋に圧力がかかるとピンが上がりますね。その後、オモリが勢いよく振れたら弱火にします。そこから1分だけ煮たら火を止めるだけでいいというのが古いタイプの活力鍋でした。

それがゆえに、時短・節約ができる鍋なのです。

 

ただ、黒豆を煮るのにはちと面倒だった。

 

活力鍋での黒豆の煮方

活力鍋では基本的に1カップの水で大体の料理をします。

カレーを作るときには、活力調理後に水を足してルーを入れています。

 

黒豆の場合は、黒豆を活力鍋で煮て、漬け汁を別に作る必要がありました。(レシピ通りに作るには)

要は、鍋が2つ必要なんです。

ここでは細かい工程は省きますが、時短なくせに黒豆の煮物に関しては「めんどくさいな!」というのが、私の感想でした。

でもね、12月に乾燥黒豆が近所のスーパーで販売されると買います。

子供たちが黒豆大好きだから、自分で作るのです。

市販の黒豆は、甘すぎて私は苦手なのも理由の一つ。

 

炊飯器でも黒豆は煮れた。

だが、最近、炊飯器で黒豆の煮物ができてしまうということを知ってしまいました。

※炊飯器によっては吹きこぼれの可能性もあるのであなたの責任で作る場合にはお願いします。

 <炊飯器で作る黒豆>

1.黒豆200gを600ccの水に一晩つける。

2.炊飯器へ浸した水ごと入れて、砂糖200g(お好みで加減)も入れる。

3.「おかゆモード」で炊く。固ければ、再度「おかゆモード」。

 

我が家では、おかゆモード1回でOKでした。

丁度良い歯ごたえ。

活力鍋だど、力があり過ぎて柔らかくなり過ぎたのがネックだったのに(/ω\)

f:id:pupupulife:20160114164640j:plain

 

というわけで、今年2回目の黒豆の煮物。

 

甘さは控えて作れるのがたまりません!!子供たちは、甘い汁も好きでご飯にかけて食べています(-_-;) なので、余計に甘さ控えめ。

塩や醤油を少々入れてもいいですね。甘さが引き立ちますよ。

 

炊飯器で作る黒豆、簡単でおすすめですね♪ 今回の勝者は、炊飯器でした~