シンプル 衣食住&美

掃除も片づけも時間の無駄と考え、物を減らせば掃除も片付けも楽になる。 住み心地良いシンプルライフを目指すブログ。実はめんどくさがりなだけかも・・・?

ダブルワーカーになります。希望の条件に合うパート先を見つけた!採用された!!

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」ということで、ちょうどパート採用を果たしたぷーです。

こんにちは。

子供を預け始めてハンドメイドも含め、細々と在宅ワークを数か月してみました。

そして、いよいよパートとして外に出て働くことになります。

 

 スポンサードリンク

今回は、在宅ワークのデメリットはパートで補う!?ダブルワーカーへの一歩。

 

f:id:pupupulife:20160115161942j:plain

 

在宅ワークを始めた理由は明確です。

「子育てがしんどくなり、ノイローゼになりかけた。」

このままじゃやばい、下手したら虐待にするかもしれない。

悲しい話ですが、これが一番の理由。

 

すごく不純な動機とやりたいことをしたいという動機で、始めたのです。

 

在宅ワークを始めてわかったこと>

1.収入が安定しない

2.運動不足になる

3.家族の予定に振り回される

4.意外と掃除をしなくなる

 

1.収入が安定しない

ハンドメイドやアフィリエイトも含め、在宅ワークは、時給換算でお金をいただけません。生産と収入が一致しません。

アフィリエイトなんぞは、いつだか書いた記事からたまたま報酬が発生した。というもの。

ハンドメイドも作っても作っても、それだけ売れるわけではありません。それなのに、仕入れに金ばかりかかる。実は非常に厄介な存在だった。(それでも、辞めません。だから、ダブルワーカーと言っています。)

 

2.運動不足になる

見事に、作業中は椅子に座りっぱなしです。パソコンだって座っています。そのうちに、腰でなくてお尻が痛くなるようになりました。

私のイスのクッション性が悪くなってしまったのです。

買い物も行かない時には、朝晩の子供の送り迎えだけ。

何気にこれがいい運動になるので、送迎もしなかったら私は運動不足で病気になると思います。

 

3.家族の予定に振り回される

在宅ワークで常に家にいると(そうでなくても専業主婦の時から)、家族のことを優先的にしていました。で、それがもう癖になっている。

旦那は、年末年始やお盆など1週間以上の休暇をいただくのです。その間、ずっと一緒。

私にとっては、非常にストレスのたまる期間です。3食のごはんの支度、義実家への何日もの滞在、旦那の小言。ひたすら我慢していました。

「だったら、友達を遊べばいいじゃん?」とか思うかもしれません。何となく申し訳なくてできません。だって、その金は旦那のお給料から出すんです。

 

4.意外と掃除をしなくなる

家にいるから、ちょっとした時間で掃除をするようになるかと思いました。

実は逆でした。

なぜか、そんな時間はないのです。

掃除なんかしているなら少しでも収入をもらはねば…と思うと掃除なんかしていられない。必要最低限の掃除しか平日はしなくなりました。

 

さて、ここからが、はてなブログ今週のお題今の仕事を選んだ理由」

在宅ワークのデメリットを補ってくれるようなパートです。

 

まず、パート勤め先の条件が、徒歩圏内・時短労働・週2日からOKというもの。しかも、子どもが学校から帰ってくる時間に間に合う仕事です。 

 仕事内容も、接客など。

在宅ワークでは、ほぼ人と話すことはありません。私は、一人が好きなのでそれでも苦にはなりませんでした。なので、在宅ワークのデメリットには上げていません。

ただ、話すことがない分、世界が狭いな~とも感じていました。情報量も少ない。

 

<パート勤めを選んだ理由>

1.収入が安定する

2.適度な運動ができる

3.旦那が休みの時には仕事に出られる

4.接客能力が身につく

 

1.収入が安定する

あくまでパートだし、ダブルワークなのでガンガン働くわけではないです。自分の身の回りの買い物分くらい、稼げるようになります。

時給でお給料をいただくというのはこうゆう時にはありがたい存在です。

 

2.適度な運動ができる

座りっぱなしの在宅ワークに対して、立ち仕事のパートを選びました。人は立っていることで骨密度の低下を防いでくれたりするんです。

わざわざ、スポーツジムに行く気もなし、日常的に適度な運動ができるならこの上ない。

 

3.旦那が休みの時には仕事に出られる

旦那の長期休暇にフルで付き合うのは本当にストレスで、それが半減できそうです。また、今までは子育てもすべて私任せにしていたのを、少し負担してもらおうと思います。既に年明けにケンカ済(私のストレス爆発)なので、旦那も了承しています。

 

4.接客能力が身につく

ここ、「掃除をする」にはしていません(笑)

私は、販売職に就きたいと考えています。その影響で、ハンドメイド商品を販売する個人事業主になりました。

ただ、ネット上だと人とのコミュニケーションがパソコンを通じてしかできません。

やっぱり、直接したい。

そのためにも、もっと接客能力を高めたいと思うんです。

 

まとめ

ぷーが言っていた、「コンパクト」のひとつが上記です。 

pupupulife.hatenablog.com

 

地域の貢献できたらな。

ハンドメイドは、そもそも副業的扱いだった。それを本業にしようという動きが今のご時世だけど、現実見たら簡単じゃない。

「両立」して、ハンドメイド販売も進めていこうと思う。