シンプル 衣食住&美

掃除も片づけも時間の無駄と考え、物を減らせば掃除も片付けも楽になる。 住み心地良いシンプルライフを目指すブログ。実はめんどくさがりなだけかも・・・?

勉強嫌いな小学生の息子。意欲的に勉強に取り組んでもらうには?

こんにちは、子育て中の主婦ぷーです。

 

子供が小学生になり、分かったことがあります。

 

勉強ができない。

 

あくまで大人基準のできないです。

本人は、「できている方」と思っているようです。

分からない問題があると、パニックになり、宿題をしながら泣きわめくことがよくあります。

付き合うこちらも、結構なストレスです。

 

 

 スポンサードリンク

 

勉強嫌いな小学生の息子。意欲的に勉強に取り組んでもらうには?

 

宿題ができなくて泣きわめく息子。

繰り上がりの足し算でつまづき、国語の文章問題でつまづきまくり。

 

そもそも、文章を読まずに「分からない」と言います。

話になりません。

 

なので、「それなら、塾に行け」と言いました。

もはや、親ではどうにもなりません。イライラの末に怒鳴ってしまいます。

 

が、塾は嫌だという。

いやいや、行けよ。

もっと勉強していいんだよ。

お金は、私だって稼ぐから。

 

が、断固拒否の息子( 一一) どうにかならんかな~

 

そんな息子が、スマイルゼミ をやりたい。」と言いだしました。

どうやら友達がやっているそうです。友達のお宅でやってみたそうで、楽しかったようだ。

勉強=つまらない

勉強=楽しい

 

に、変わるとそれだけでやる気度はアップするかもしれない。

 

私の勉強方法は、ひたすら勉強ながり勉タイプだけど、息子は楽しくゲーム感覚での方が今の時点では合っているのかもしれない。

 

そう考えることにしました。

(塾に行かないというのだから、もうそう考えるしかない。)

 

というわけで、新2年制に向けてスマイルゼミ を申し込みました。

 

タブレットタイプの勉強方法

f:id:pupupulife:20160322114427j:plain

 

タブレットなんて、いかにも現代的な勉強方法ですね。

私は、あくまで反対派の意見からの見方をしています。

 

これのいいところは、スマホなどに勉強をどのくらいやったのかがメールで送られてくること。

私は、スマホを持っていないのでパソコンにメールが送られてきます。

勉強をするとスターがもらえて、その分ゲームができるという仕組み。

 

ゲームやりたさに、勉強をするのです。

 

・・・それがいいか悪いか。そこがスマイルゼミの売りかもしれない。

 

ただ、ゲームの時間も親が設定できます。タブレット自体の使用時間も親が設定できます。

こうゆうのって、どうしても夢中になりやすいんですよね。

そして、今度は眼が悪くなるんじゃないかとか別の心配が始まるんです。

 

なので、もし設定していないお母さんは、設定したほうがいいかもしれない。

 

 

 勉強するにようになったか?

 

なりました。

毎日勉強しています。

英語の講座もあるので、そちらもやっています。

週末に、旦那が勉強の様子を確認して、出来ていないと一緒に取り組んでいます。

でもって、一緒にゲームもしたりしています。

 

とりあえず、1年間分の会費を払いました。おまとめの方がお得なので☆

1年後、どうなっているかな?

 

 

最後

 

勉強嫌いな子には、楽しく勉強に取り組む。

勉強=楽しい

という感覚になってもらうのがいいようです。

 

私自身は、タブレット勉強法は反対派です。ただ、子供にとっては合っているのかもしれない。

何よりも勉強をするのは息子ですからね。

 

がんばれ~息子よ~と祈るばかりです。

 

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!