シンプル 衣食住&美

掃除も片づけも時間の無駄と考え、物を減らせば掃除も片付けも楽になる。 住み心地良いシンプルライフを目指すブログ。実はめんどくさがりなだけかも・・・?

リビングの収納棚のものの置く場所を見直す。

こんにちは、ぷーです。

 

このブログを始めたのは去年の9月も終わりころ。

ぱっと思い浮かんだのが、シンプルライフだった。

 

その当時、自分は「既にシンプルライフになっている」と思っていた。

 

・・・全然だった。

 

リビングの収納棚のものの置く場所を見直す。

リビングに大きい収納棚がある。

 

床から天井までくらい。

 

一番上の棚は、手前なら背伸びしてどうにか届くけど、奥の方は椅子を使わないと届かない。

 

この数年は、子供の手の届く位置にあると薬箱は危ないと思って少し高めの場所に置いていた。

 

そこには、よく使うばんそうこうや冬場の必需品マスクも置いてある。

 

一番使う子供には届かないのだ。

 

つまり、わざわざ私がとらないといけなくなる。

 

・・・めんどくさい。

 

今回、その収納棚の見直しをかけています。

 

すべてで4段。

一番上・・・年に1回使う程度

3段目・・・月1回使う

2段目・・・毎週使う

1段目(一番下)・・・重たいもの、掃除機、いすなど

 

こんな感じで、使い頻度に合わせたものの収納に変更しようと思う。

 

2段目なら、子供でも手が届くので、そこにばんそうこうやマスクも置くことにします。

 

何が入っているかわからない箱をどうするか

一番下の段に、「CD・DVD」と書かれた箱があった。

もはや何が入っているかも忘れてた。

 

開けてみると・・・

旦那のものらしきものがたくさんある。

 

その中には、昔の写真のデータが入ったものや音楽、映画のものもある。

 

この箱に入っている時点で、数年間使われていないものたち。

 

・・・捨てていいんじゃないか?

いや、付き合っていた当時の写真データくらいは残してもさ、二度度見ない映画とか、聞かない音楽のCDっていらなくないか?

 

ネックは、すべてにCDにタイトルが書いているわけではないので、いちいちパソコンに入れて中身を確認しなくてはならないこと。

 

・・・一部、さりげなく処分して、あとはそのままふたをしました。

そんなことはめんどくさすぎる。

 

旦那が死んだら、速攻処分です。

 

そんな自分よりも旦那が先に死んで未亡人生活をもっとスッキリとシンプルにしたいと、断捨離をしながら思うのです。

 

すまんな、旦那よ。