シンプル 衣食住&美

掃除も片づけも時間の無駄と考え、物を減らせば掃除も片付けも楽になる。 住み心地良いシンプルライフを目指すブログ。実はめんどくさがりなだけかも・・・?

学校って、主婦に働くなって言ってるのか?

こんにちは、パート主婦のぷーです。

 

学校って、今思えば楽しい時とともに苦しいところでもあったな…と思います。

 

子どもが社会で「地図記号を覚える」というのが1学期にありました。

 

いろんな地図記号がありますね。東京オリンピックに向けても、外国人に解りやすく地図記号を変えようなんて話題もTVで見たりもします。

 

でもさ、果樹園とか、畑とかいろんな地図記号を、大人になってから見ますか?

 

目的地までなんか、ナビでひゅーんな時代に地図を見て「ここは、果樹園。」「ここは、畑がたくさんあるね。」なんてやってないよ。

 

正直、そんなの覚えてテストしなくてもよくない?

 

そして、そんなテストで100点を取れなかった息子を「バカだ」というママ友。

うちの子は50点だったぜ?

 

別に、そんなの覚えてようといまいとあまり意味ないことだと思うぜ?

 

なんて、口には出さないのでここに書く。

 

2時過ぎに学校に子供を迎えに来てください。

 

f:id:pupupulife:20170724161215j:plain

今日は、消防訓練の日ということで、2学期始まって早々に子供の避難訓練があります。

しかも、避難した子供を親が迎えに行かないといけないのです。

 

おかしいと思いませんか?

 

昼過ぎの時間、家にいるのは専業主婦か、パートをさっさと終えた主婦くらいなものです。

フル勤務の主婦ならまず家にいない時間。

 

そんな時に、避難訓練だから迎えに来てください。って?

 

しかも、この日に学童はないそうだ。

 

あり得ない!!

 

つまり、なんだ?

 

フル勤務や長時間パートの主婦は、わざわざ有給を取ったりシフトを調整して子供を迎えに行かないといけないのだ。

 

うちの旦那は、そんなことはみじんも知らずに出勤したが、こうゆうときにまず旦那が休むことはない。

「そんなことで休めるか。お前が行けるだろ?」と言われて終わるだろう。

 

結局、主婦に働けという国の考えとは裏腹に、学校は、「2時過ぎなら、奥さん、家にいるでしょ?」とでも言わんばかりの考えなのだ。(そうじゃなくても、そうとしか思えない。)

 

もちろんね、近所の人に頼んでもOKと書いてあるけどさ、皆が皆、近所に頼める人がいるわけじゃないでしょ?

 

そもそも、この迎えに来い的な発想はいつから持ち上がったんだ?

 

私が子供のころも、そんなことやっていたか?

 

私は、シフトを入れないように対応した。2時過ぎに子供を迎えに行くために、そのために、シフトを入れなかった。

 

そんなことばっかりやっていたら、主婦に仕事なんてなくなるだろ!

 

ホリエモンの本を読んだ。

 


すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

 

「洗脳」って…と、呆れる人もいるかもしれない。

 

例えば、イスラム国では、子供たちに数を教えるときには銃弾の単位で教えるそうだ。子供のころから、戦争に対する考えを植えこんでいく。

これを、一般的には「洗脳」というのかもしれない。

 

でも、ホリエモンの考えでは、そもそも「学校」は洗脳機関なのだそう。そして、会社でさえも洗脳機関なのだ。

 

この本を読んでいると、学校って本当におかしなところ多いよな。と子供のころを振り返っても思うことがある。

 

先生は、子供が言うことを信じちゃいなかった。

正直に言っても、「嘘だろ」と決め込まれた。で、怒られた。

 

最後

 

だからと言って、子供を学校に行かせないわけではないのだけど。

 

学校っていったい何だんだ?と思うことが、親になって改めて感じる。

 

途中から、だんだん言葉がアレになりました。(; ・`д・´) つい感情が…