シンプル 衣食住&美

掃除も片づけも時間の無駄と考え、物を減らせば掃除も片付けも楽になる。 住み心地良いシンプルライフを目指すブログ。実はめんどくさがりなだけかも・・・?

前職がブラックな職場だったと感じる4つのこと…今の職場はホワイトでありますように!!

こんにちは、パート主婦のぷーです。

 

最近、転職をしたものです!!と言っても、パート→パートです。

 

自分がやりたい職種で、希望の日数・時間ということ、前職よりも時給などの待遇もよいことなどで、私的には「パートとしてのキャリアアップはできたのではないか?」と考えています。

 

というわけで、今回は前職がブラックだったのを思い返してみます。

 

もし、知り合いに弁護士がいたら訴えてもいいのではないか?と思いもします。

 

前職はつくづくブラックな職場だったのかもしれない…

f:id:pupupulife:20160115161942j:plain

 

1.開店準備は時間外労働?

 

お店をオープンさせるには、そのための準備があります。お店を開けて掃除や釣り銭のチェック、前日からの引継ぎ事項の確認などなど。

 

ですので、普通に考えるなら開店時間よりも早い時間を勤務開始時間としていいと思います。

ですが、その会社では、開店時間=勤務開始時間でした。

開店準備時間は、ただ働きです。

 

私は、納得いかずに上の者に言いましたが、「うちではそうなっている」で終了。

 

開店準備だって、10分は少なくともかかります。いつも、20分前くらいに出勤して準備をしていました。

 

ちなみに、上からは「15分前には店舗に来て、10分前にはレジの電源を入れないとアウトだぞ」と言われていましたよ。

 

タイムカードも、15分おきのため、例えば、10時~12時の勤務だった場合、12時14分まで仕事をしても、14分はただ働きになります。

 

要するに、開店準備なども含めて、毎回20分以上ただ働きをしていたのでした。

 

2.仕事は完ぺきに、ノーミスで

例えば、工場で物を製造しているとします。不良品の率って少なからずありますね。1%だったら低い方だと思います。

 

ほぼ機械生産でさえ、100%という数字を出すのは無理なわけです。

 

ですが、上司、「絶対にミスはするな!!」の一言。

 

ミスをしないためのアドバイスはなし。こちらも気を付けて作業していても無意識という名のミスがあるわけです。

 

ミスしないようにしていても、ミスする。

 

人なれば、機械以上に雑念も入りますし、作業しつつ接客しつつ色々なことをマルチタスクで行っていると、ふとした瞬間というものがあります。

 

残念なことに、その一人のミスを補完しれくれる人員も仕組みもなかった。

 

だんだんと気が重くなる原因でもありました。「100%ノーミス。」究極の理想ですね。毎日テストで100点を取り続けるようなものです。

 

その上司は、責任は取ってくれないでひたすら怒る人です。私は、ひたすら距離を置いて関わらないように仕事をしていました。

 

 

3.契約時間よりも早く帰れ

パートでも正社員でも同じかもしれませんが、雇用契約を結びます。

勤務時間も契約に基づいて決めます。

 

シフトは前もって決められているので、私たちパートはそれに基づいてスケジュールを組み、収入にも目安を付けているのです。

 

店舗では、天気や年間行事などにより客数が少ない日もあります。

 

店長から「早めに~」なんて言われることもありましたが、「契約で何時間と決まっているので」と出勤して2時間そこそこで帰らされるのもこちらとしては困るので断るときもあり、また、仕方なしに帰るときもありました。

最後の最後には、上司から電話がかかってきて「今日はお客さんの入りが少なすぎるから帰って」と言われました。

 

もうさ、契約とかそうゆうの全然関係ないんだな!と呆れてしまいました。

だったら、この汚れた床をきれいにするとかたまった事務作業を終わらせてとか、そうゆう方向にも向かず、ただただ売上と人件費しか考えていないんだなと。

 

パートに対する人件費だって、仕事のハードさに対しては低いものでした。それでさえ、さらに削らなければならないようなこの会社に先はないんじゃないか?という考えもあったと思います。

 

4.お局様のパワハラ

 

勤め始めたころに一番つらかったのは、長く勤めたお局パートからのパワハラでした。

今では、「きつく指導しても大丈夫だったから、ここで勤められた」ということで済ませていますが、当時は本当に家に帰っては辛くて泣いていました。

 

「続ける気がないならさっさと辞めて」、「(根拠なく)仕事が遅い、動きが遅い、それじゃあ私が困る」「笑顔で仕事してるんじゃないわよ」と、まーいろいろと言われました。

 

途中からは、ぱったりとおさまり仲良くなれたのでよかったのですが…

 

それまでは、かなり精神的にきつい状況が続き、本当にやめる寸前になったときもありました。

 

最後

 

何はともあれ、「立つ鳥跡を濁さず」で辞めることができたのでもう未練はありません。

今の職場については、まだまだこれから~ということでしばらく勤めてから記事にしようかと思います。

 

今のところは、ホワイトなのか?ほかのパートさんと仲良くなりつつ、職場の状況を見ていこうと思います。

 

 

pupupulife.hatenablog.com

pupupulife.hatenablog.com